後藤元組長「憚りなき」爆弾

6代目に除籍され得度し、冤罪映画にポンと3億円。だが、回想録では創価学会との密会など暴露も。

2010年6月号 DEEP [山口組武闘派の転身]

  • はてなブックマークに追加

後藤忠政――日本で最も著名な暴力団組長の一人だった。過去形なのは、2008年10月、6代目山口組の除籍処分を受け入れて、引退したからである。その半年後の09年4月、後藤は神奈川県の無常山浄発願寺で得度する。「元ヤクザ」という肩書から逃れ、新しい人生を歩むためで、僧籍は得なかったが、法名は授かった。「忠叡」という。浄発願寺は天台宗の寺である。後述するように、後藤は民族派右翼の故野村秋介(1993年自決)と親しく交際、同寺の住職との出会いは、野村が縁となっている。後藤忠叡となって最初に手がけた仕事が、映画製作だった。

袴田事件映画のスポンサー

66年6月、静岡県清水市で起きた袴田事件を映画化する企画である。元プロボクサーの袴田巌(事件当時30歳)は、一家4人を殺害のうえ放火したという容疑で逮捕・起訴され、死刑判決を受けた。袴田は今も東京拘置所に収監中だが、弁護側は冤罪を訴え、再審請求を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。