「参院のドン」青木に挑む30代の元アナウンサー夫婦

2010年6月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

参院のドンこと青木幹雄・元官房長官もニンマリしていることだろう。自民党は4月末に7月の参院選向けの世論調査を行ったが、離党者が続出する中、意外に善戦。自民党選対筋は「改選121議席に対し、公明、社民、共産、みんなの党などが30議席程度で、残る90議席を民主と自民が分け合う五分の戦いになっている。古い自民党のシンボルとして河野太郎幹事長代理ら中堅若手議員から批判される青木氏も、民主党候補に約5ポイントの差をつけて優位に立っている」と明かす。1人区の島根選挙区で青木氏に挑むのは山陰中央テレビ出身の岩田浩岳氏(民主党)と、故・桜内義雄元衆院議長の甥、朋雄氏(みんなの党)。なかでも岩田氏は夕方のニュース番組の元キャスターで知名度は抜群。妻の美知さんも同局のアナウンサーだったが、今年3月に退職。ドンを倒すため夫婦で「辻立ち」に励む。「30代の岩田氏は青木氏の強 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。