株価がついに50円割れJVC・ケンウッド危うし

2010年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

JVC・ケンウッド・ホールディングスが迷走している。日本ビクターとケンウッドが08年に経営統合して誕生したものの、それ以降もまったくの鳴かず飛ばず。株価がついに50円を割り込むなど、まともな投資家は見向きもしない。今年1月には旧日本ビクターの粉飾決算が発覚、過去5年分の決算訂正に追い込まれてしまった。自業自得だが、収まりが付かないのがケンウッド出身者。自らに非がないにもかかわらず、株主や取引先に頭を下げて回る日々が続き、「ビクターとの統合は白紙に戻すべき」と怒りの声が噴出している。内部の険悪なムードを懸念した銀行団が、沈静化に奔走したとの情報もある。経営陣は、持ち株会社にぶら下がるビクターとケンウッドの2社を今期中にも合併させる意向だったが、一本化どころか今や組織は空中分解寸前。不振の音楽事業の売却話も、昨秋にコナミに袖にされた。慌ててソフトバン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。