「奥田派一掃」トヨタ人事の巧拙

お気に入りを副社長に抜擢。章男社長の体制固めが成功するか、取り巻き政治に堕するか、人事センスが問われている。

2010年6月号 BUSINESS [ 「番頭」づくりが急務]

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車の豊田章男社長とラフード米運輸長官が5月10日、トヨタ本社で記者会見を開いた。ラフード長官は「品質改善の対策を実行できるかが重要」と述べ、章男社長も「(対策で)よいスタートを切れた」と語った。会見に先立ち、ラフード長官は品質対策関連の社内施設などを見学し、章男社長とも会談した。トヨタは4月に米運輸省に約15億円の制裁金を支払うことを決めたが、追加の制裁金についてラフード長官は「50万ページの資料を精査後に判断する」と述べた。それでも「リコール問題は収束に向かう。トヨタは難局を乗り切った」との見方が多い。今年になってトヨタのリコール問題は、世界を巻き込む大騒動になった。米議会が拳を振り上げ、事態は深刻化。トヨタは米国で年間約40億円も寄付をし、凄腕のロビイストを雇ってきたが、最近は手薄になっていた。渉外実務を仕切っていた弁護士デニス・ク ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。