英首相官邸に盗聴器の「置き土産」

ブラウンの失言がマイクに拾われ、保守党が13年ぶり第1党。ちらつく“ダウニングゲート”の影。

2010年6月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

5月6日投票の英国議会下院選挙は、1997年以来13年間政権を維持してきた労働党が258議席と敗退、野党・保守党が306議席を占めて第1党に躍り出た(5月9日現在)ものの、獲得議席数は過半数に及ばず、74年以来のハング・パーラメント(宙ぶらりん議会)になった。なぜ労働党は大敗したか。長期政権の飽きと財政悪化で支持率が低迷していたところに、ゴードン・ブラウン首相が遊説中、食い下がる年金生活者の女性に手を焼き、思わず「頑固頭(bigoted)の女」とつぶやいたからだ。うっかり首相がテレビ局のピンマイクをスーツの襟につけたままだったため、その声が大々的に報じられた。しかし、ホワイトホール(ロンドンの官庁街)はもっと深刻な“ダウニングゲート”事件で揺れている。

MI5歴史書に削除の圧力

防諜機関MI5が首相官邸(ダウニング街10番地)を63~77年の15年にわたり盗聴し、その事実を新著に記そうとした歴史家に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。