「小・鳩」で明暗、検察審査会の裏側

ベールに覆われた非公開審査の鍵を握るのは「審査補助員」と呼ばれる担当弁護士だ。

2010年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

どちらも政治資金規正法違反の疑いをかけられ、証拠不十分として不起訴処分となった鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長。しかし、検察審査会では、鳩山氏が「不起訴相当」で一件落着となったのに対し、小沢氏は「起訴相当」と議決され、東京地検による再捜査が始まった。小沢氏の豪腕、強面ゆえか、それとも何か理由があるのか。検察審査会は選挙人名簿からパソコンを使ったくじで選ばれた審査員11人で構成されている。審査員の任期は6カ月。くじは年4回あり、任期が2月~7月(第1群)、5月~10月(第2群)、8月~翌年1月(第3群)、11月~翌年4月(第4群)の4通りの審査員がいる。第1群と第3群は各5人、第2群と第4群は各6人で、審査員は3カ月ごとに交代しながら、案件があると週に1回程度会議を開いている。

「議決書の書き方」に大差

鳩山氏の不起訴処分は昨年12月24日、小沢氏は今年2月4日。それぞれ告発していた人たちが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。