毎日新聞がツイッター世代向けタブロイド紙

2010年6月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

毎日新聞が6月1日に新媒体を創刊する。紙媒体だが、ツイッター上の読者の書き込み(つぶやき)を紹介するなど、インターネットの双方向機能を生かした紙面作りを目指すという。媒体名は「MAINICHI RT」。タブロイド判24ページ、ほぼ全ページがカラーの日刊紙(月曜休刊)で購読料は月額1980円だ。当面、東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏1都3県で発行する。「RT」の名称は、ツイッターで他のユーザーのつぶやき(ツイート)を引用する場合に「Re Tweet」(リツイート)という表記をすることから、採用したという。紙面では毎日の総合情報サイト「毎日jp」のアクセスランキングに入ったニュースを掲載するほか、毎日新聞のツイッターへの書き込みを紙面で紹介することもある。「MAINICHI RT」のサイトでは、読者からの「つぶやき」が常時流れているデザインにした。ターゲットは、従来型の新聞ではとらえ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。