ソフトバンクの音楽参入にサザンが「待った」

2010年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

ソフトバンクが、音響大手JVC・ケンウッド・ホールディングス傘下の音楽事業会社の買収を断念した。買収金額や買収後の出資比率をめぐり、双方の隔たりが埋まらなかったほか、「所属アーティストの反発」(投資銀行)が障壁になったようだ。ソフトバンクはJVCの音楽子会社「ビクターエンタテインメント」と「テイチクエンタテインメント」の各株式の過半数を5月中にも取得し、残る株式も年内に買い取って音楽事業に本格参入し、携帯電話やパソコン向けコンテンツを拡充する計画だった。テイチクは演歌色が強く、ソフトバンクの本命は若者に人気のサザンオールスターズ、SMAPの2枚看板を抱えるビクターエンタテインメントだった。ソフトバンクはすでにSMAPをライバルのNTTから引き抜き、CMキャラクターに起用するなど自らの陣営に取り込んでおり、「身売りに反対できる大物はサザンしかいない」(関係者 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。