謙虚な記録者の静謐な足跡

『戦禍のアフガニスタンを犬と歩く』

2010年6月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

ある日の午後、スコットランドを歩いていて「このまま歩き続けてはどうか」と思ったのが、徒歩旅行のスタートだったという。イランからネパールまで歩く計画を立てたが、タリバン政権に入国を拒否され、アフガニスタンは歩けなかった。ところが2001年のクリスマス前、旅を終えたネパールでタリバン政権が崩壊したとのニュースを聞き、急遽アフガンにとって返し、02年1月、西端の都市ヘラートから東端のカブールまで、著者は一直線に歩き始めた。タリバン政権崩壊からわずか2週間後、タリバン支配地域も残り、部族間の紛争も相次いでいた。しかも真冬の4千メートル級の山を越えての徒歩旅行である。当然、大冒険譚を期待しがちだが、予想はあっけなく覆される。いや、実際は地雷が敷設された道を歩き、背後から発砲され、赤痢に罹り、タリバンには殺されかけ、深い雪原で死を覚悟するなど、危機の連続だ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。