ゴールドマン・サックス――「無理筋」SECを嘲笑う

政治的生け贄にする提訴も、どうせ和解狙いと見透かす。全面対決を選んだが、「客殺し」の悪名は消えず。

2010年6月号 COVER STORY [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

世論がどうあろうと我関せず。リコール問題を起こしたトヨタ自動車、従業員への徹底した“冷遇”が非難される世界最大の小売企業ウォルマートなど「エクセレント・カンパニー」を標榜するグローバル企業は、目標に向かって社員一丸となって邁進する企業カルチャーを持つ。時にはクレイジーと思える宗教性がないと、リーダーは大組織を率いることができない。誰もが知る世界最強の投資銀行、米国のゴールドマン・サックスも、そうした「猛烈」なカルチャーの持ち主だ。Sachs of $h!t――タブロイド紙ニューヨーク・ポストの4月28日付紙面を飾った名見出しである。意味は「クソの詰まった袋(サツクス)」だが、ゴールドマン・サックスの名と「$」マークを重ねて「クソったれゴールドマン・サックス」という意味もある。欧米メディアのセンセーショナリズムには時に眉をひそめたくなるが、これは「客を殺して ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。