「信認」失った欧州中央銀行

ギリシャを発端に国債バブル破裂。オバマに促されサルコジの圧力で、国債を買い入れた「カノッサの屈辱」。

2010年6月号 BUSINESS [ユーロの矛盾爆発]

  • はてなブックマークに追加

父王殺しの予言から逃れようと世にさまよい出た揚げ句、皮肉にも父を殺し、母を娶る結果となるお馴染みのギリシャ悲劇「オイディプス王」と言うべきだろうか。ギリシャがにわかにテレビの画面を賑わせた。日本のGW連休の最中の5月5日。財政緊縮反対の抗議デモがアテネで大荒れとなり、3人の死者まで出した。赤々と燃える火炎瓶の炎の映像が繰り返し放映され、全世界のディーリングルームのテレビモニターに映ると、金融市場の参加者は、ただならぬ事態を察知した。欧州ばかりでなく、米国の株式市場にも売りの津波が伝播した。翌6日、米国時間午後2時過ぎに炸裂する。売りが売りを呼ぶ阿鼻叫喚のなか、ニューヨーク・ダウ工業株30種平均は一時998ドルのフリーフォール(棒下げ)を演じた。たった一つの銘柄に100万ドル(ミリオン)の売り注文のはずが10億ドル(ビリオン)と打ち間違えた誤発注が引き金 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。