北海道新聞社長が折れ石川共同通信社長は「続投」

2010年6月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

前号で風雲急を告げていることを伝えた、共同通信社の社長人事が石川聰氏の続投で決着した。昨年11月、石川氏が毎日新聞社の加盟発表で「共同の加盟社と包括提携する」と発言したことに「事実無根」と怒り、各地の加盟社を誘って追い落としを図ってきた北海道新聞社(道新)の菊池育夫社長は、共同の加盟社トップの理事会長就任と引き換えに、矛を収めたようだ。ただし、共同関係者の話では、6月の理事改選は石川氏に一任されたものの、毎日加盟の立役者だった古賀尚文常務理事を関連会社の役員に転出させるのをはじめ、半数近くの理事を交代させるとみられている。道新関係者によると、菊池社長が矛を収めたのは、多くの地方紙が同調しなかったことに加え、本誌などで「唯我独尊」ぶりが報じられたことが大きく響いた。社内から「いい加減にしたらどうか」という声が上がったという。「菊池氏は石川氏 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。