「3期連続赤字」イオン銀行に自主廃業説

2010年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

開業から4年目を迎えたばかりのイオン銀行が、早くも絶望の淵に立たされている。コンビニにATMを並べるだけで高収益を上げるセブン銀行を追うかたちで、イオンが銀行業に参入したのは2007年10月のこと。「『イオンに銀行をやってほしい』という顧客からの要望が多かった」(イオン幹部)ことを御旗に、世界でも珍しい小売業者による「リテール・フルバンキング」を展開した。ところが、ここまでの業績は目も当てられない有り様だ。1期目の08年3月期に122億円の赤字を出すと、軌道に乗るはずだった09年3月期も201億円の大赤字を計上。黒字転換するはずの10年3月期も、第3四半期までに106億円の赤字を出す始末。銀行免許交付の要件である3期目黒字どころか、黒字化の見通しすら立てられないでいる。苦境の最大の理由は、集めた預金を運用できずにいることだ。開業後、顧客基盤を確立するため「年利1.1%」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。