「経団連ナンバー2」渡文明JX相談役が院政

2010年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

住友化学の米倉弘昌会長(73)を「財界総理」に迎えた日本経団連が5月下旬に始動するが、前評判はさっぱりだ。前会長の御手洗冨士夫氏(キヤノン会長、74)より米倉氏は知名度が低い。出身母体の住友化学は、東京電力、トヨタ、新日鉄など歴代会長会社に比べると見劣りし、三菱、三井の2大財閥グループに匹敵するバックもない。マスコミの評判も「米倉さんは相手によって態度を変える」と芳しくない。しかも、高齢の米倉氏は最近では珍しいチェーンスモーカー。体調がすぐれず不機嫌になることがあると囁かれる。期待感の乏しい米倉経団連にあって意気軒昂なのが、念願の評議員会議長の座を射止めた新日本石油の渡文明前会長(73)だ。無類の世話好きで知られる渡氏は、決して順風満帆ではなかった御手洗前会長を熱心に支えてきた。経団連事務局関係者は「御手洗氏の外遊にしばしば随行したのが米倉さん ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。