「何と極楽」朝日新聞の早期退職制

惨憺たる業績でも45歳の社員に退職金7500万円の大盤振る舞い。読売、日経は及びもつかない。

2010年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

かつて最高の知的エリート集団と謳われ、わが国ジャーナリズムに君臨した朝日新聞社が、早期退職募集や賃金カットに踏み切る。インターネットの普及による読者、広告主の新聞離れが朝日を窮地に追い込んだが、割増退職金は7千万円を超える。賃下げ後も、社員の大半は1千万円台の高給を食む。庶民感覚からすると、何とも優雅な黄昏である。朝日が実施する早期退職の正式名称は転進支援制度。45歳以上の社員が対象で、退職と引き換えにその時点の年収の半分を10年間保障する仕組みだ。関係者によれば、編集部門で45歳の社員の年収はざっと1500万円。この年齢で早退に応じれば、毎年750万円10年間、総額にしておおよそ7500万円支給するという。同社の通常の退職金(60歳定年)は3500万~4千万円であり、今回はその倍額をはずむ大盤振る舞いだ。同業の読売、日経などにも早退制度はあるが、退職金の上積みは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。