奈良武次日記と競馬場

昭和天皇が見たパリ大賞

2010年6月号 連載 [日記逍遥 第17回]

  • はてなブックマークに追加

5月から6月にかけて世界各地で競馬の大レースが行われる。かつて馬が活兵器と呼ばれていた時代には、馬産はいわば軍需産業であり、競馬は軍事技術の品評会であった。だがそのわりには、海外の大レースを観戦した日記は見当たらない。ゴルフに興じる日記はあっても、競馬を見つめる日記は見つからない。せめて競馬場に行った記述でもないかと探していると、意外な日記に出てくる。「一旦御帰艦、背広に更衣の上午后四時御上陸、競馬に御臨場、二回の競馬観戦、中途にて喫茶、午后六時過ぎ御帰艦」(大正10年4月30日)地中海のジブラルタルでのことで、書き手は東宮武官長・奈良武次陸軍中将、「背広に更衣の上」競馬場に出かけたのは、欧州外遊途上にあった皇太子、のちの昭和天皇である。*奈良武次は、明治元年に栃木県に生まれている。22年に陸軍士官学校砲兵科を、26年には陸軍砲工学校をそれぞれ卒 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。