参院戦敗北を前提に「2割非合理」の選択肢

2010年6月号 連載 [政々堂々 第18回]

  • はてなブックマークに追加

鳩山由紀夫政権がいよいよ崖っぷちだ。米軍の普天間飛行場移設問題では、有力移設先とみられた沖縄県名護市や鹿児島県徳之島の地元から「ノー」を突き付けられ、着地点がいっこうに見えない。小沢一郎民主党幹事長に対しても「政治とカネ」問題で辞任を求める声が渦巻いている。では、鳩山と小沢のツートップは辞めるのか。二人とも辞める。どちらかが辞める。ともに辞めない。それぞれの可能性を検討してみる。その前に基本的考え方を示しておこう。「政治は8割の合理性と2割の非合理性」と言ったのは渡辺喜美みんなの党代表の父、故・渡辺美智雄元副総理である。その趣旨は「政治の8割は政策や理念、原理原則で考え、好きだ、嫌いだ、コンチクショーの感情は2割にとどめるべき」というものだった。これを政治を観察する立場で少し変形する。与えられた制約条件の下で8割は合理的と思える判断をまず示 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。