原口総務相が「郵貯運用」に危険な口出し

2010年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

原口一博総務相が、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の資金運用に、危険な口出しを始めている。「資金の有効活用」と称して、国債中心の運用からの脱却を求めているのだ。4月に郵政改革関連法案の概要が発表された際に示された資料には、「海外ファンドとの協調等による投資・融資」などといった文言が躍る。「『成長点』への投融資」と言えば聞こえはいいが、海外投資は為替リスクと信用リスクの両方を負う。ハイリスクな投資に手を染めることになり、運用に失敗すれば、国民から預かった貴重な資産を毀損し、税金投入という事態が待ち受ける。朝日新聞のインタビューでは、成長分野への投資規模として「最初は10兆円くらいじゃないか」と答えている。「インドの新幹線整備に10兆円投資すると、大体9%の9千億円配当が見込める」と具体的な数字まで示している。郵便貯金の限度額を1千万円から2千万円に引き上 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。