やはり北の仕業か韓国艦沈没の謎

機雷か魚雷に絞られてきたが、李大統領は事を荒立てまいと慎重。6月の地方選前に国論が分裂。

2010年5月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

仁川国際空港はハブ空港として日本でも脚光を浴びている。その仁川から高速水中翼船で約4時間、距離にして200キロメートル強の位置にある島が白翎島(ペンニヨンド)である。韓国が支配する領土であり、行政上は仁川市に属するが、この島から至近の陸地(朝鮮半島本土)はわずか17キロの北朝鮮・黄海南道である。平壌まで直線距離で140キロだ。いわば北朝鮮地域にある韓国側の飛び地的なこの島の近海で「事故」は起こった。3月26日夜、韓国海軍の哨戒艦「天安」(1200トン級)が爆発し沈没した。カッコ付きで「事故」と書くのは、爆発の原因がわからないからだ。「事件」の可能性も強い。4月2日、金泰栄国防相は「魚雷の可能性が現実的」と国会で発言した。ところが、李明博大統領は「北朝鮮が介入したと予断をすることは正しくない」とこの前日も述べるなど、「事件」と見ることを避ける発言を繰り返し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。