ブータンは桃源郷ではない

2010年5月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

鳩山政権の一部に最近、日本は経済成長ではなく「国民総幸福量」(GNH)を追求すべきだとして、GNHを国家目標に据えているヒマラヤ山麓の小国ブータンを崇める動きがあると聞く。GNHにすがりたい気持ちはよくわかる。GDP(国内総生産)第2位の座を中国に譲り渡しかけの日本は自信喪失状態。日本人は、これまで憧憬の対象を時代の「気分」に合わせて選んできた。曰く、「東洋のスイス」、「自由の国アメリカ」、そして「哈日族(ハーリーズー)の台湾」。日本人から勝手に片思いされるほうこそ、いい迷惑かもしれない。しかしブータンは桃源郷ではない。国王は農地と農奴を1960年代に解放したが、土地所有制度は依然として不平等だ。都市部では失業も犯罪もある。離婚多発の訴訟社会。家庭内暴力も自殺もある。規制社会でもあり、煙草の輸入販売と公共の場所での喫煙は2004年に国法で禁止された。そして0 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。