積水ハウス――危うい「4大プロジェクト」

度重なる巨額損失もどこ吹く風。イケイケドンドンが染みついた和田会長の「バブル体質」が企業リスクを膨らませている。

2010年5月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

大阪市中央区本町3丁目6番地。御堂筋と本町通の交差点に面し、繊維問屋が立ち並んでいた船場にも、在阪金融機関が本店を置いていた淀屋橋にも近い、大阪の代表的なビジネス街の一つである。この場所が日本中の注目を集めたのは20年前。戦後最大の金融スキャンダルといわれた「イトマン事件」の舞台になった。住友銀行(現在の三井住友銀行)を巻き込み、闇の人脈が主導する不動産投資や絵画取引などで巨額損失を計上した中堅商社イトマン(1993年に住金物産に吸収合併)の本社が、ここにあったのだ。今年6月、この旧イトマン本社跡地に地下2階、地上27階建てのオフィス・ホテル・商業店舗の複合ビルが竣工する。「本町ガーデンシティ」という名称よりも、米有力ホテルチェーン、スターウッドホテル&リゾート系列の最高級ホテル「セントレジス」が進出するビル、といったほうが今の大阪市民には通りがよ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。