編集後記

2010年5月号 連載

  • はてなブックマークに追加

表紙にはマジックがある。雑誌の顔だが、単なる包装ではない。中身を要約した目次でも、模した戯画でもない。ただ目を惹くポスターでもなければ、クリックしてみたくなるアイコンでもない。それは正体を知られてはならないペルソナ、人の心にぽつんと滴を落とし、墨流しのように夢をひらく小さな扉なのだ。▼今号から表紙を一新し、杉戸洋さんの絵で飾ります。FACTAの表紙は初代の写真家、荒木経惟さんが1年半、2代目の日本画家、江口暢彌さんに2年半をお願いしたので、創刊5年目を機に3代目に入ることになります。なぜ彼の絵を選んだ?それに答えるのは難しい。▼じっと目を凝らすと、その絵は夢のスクリーンに見える。ときに格子、ときに白壁、ときに舞台、ときに地平線、ときに野原。そこにちらちらと人影のような、木立のような、星屑のような、蝶々のような「小さき者」が舞っている。それだけで水中 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。