橋下新党が自民大阪府議の駆け込み寺に

2010年5月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

4月1日、大阪府と大阪市の再編を政策の目玉に掲げた橋下新党「大阪維新の会」が結成された。「政策一本で集まる集団ができて嬉しい」――。新党に22人の府議が集まったことに、大阪府の橋下徹知事はご満悦だった。その内訳は、自民党から19人、民主党から1人、諸派から2人。府議会最大会派の自民党は49人から30人に激減した。ある自民党府議は「何が府市再編や。そんなことを真剣に考えている議員なんかいるわけない。みんな来年の統一地方選のことだけや」と冷ややかだ。野党に転落した自民党は、民主党政権がいくら失点を重ねても支持率が回復しない体たらく。国会議員の相次ぐ離党に煽られたかのように、地方の議員まで新党に流出するメルトダウン状態だ。自民党の看板では選挙に勝てないのなら、人気絶大な橋下知事の応援を得たいと考えるのは人情だろう。その集票パワーは、昨年9月の大阪・堺市の市 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。