「銀座の地上げ屋」服部礼次郎に致命傷

セイコーHDが異様な不動産交換を実行。グループ総帥と「女帝」の常軌を逸した不動産漁りの暗部。

2010年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

世界的な名門企業の奥の院で何が起きているのか――。セイコーホールディングス(セイコーHD)は3月31日、実に不可解な不動産交換スキームを実行した。相手となったのは創業一族の資産管理会社「三光起業」。セイコーHD保有の4物件と、三光起業が保有する3物件を互いに交換するというものだ。取引額はセイコーHDの株主資本の8割超に相当する262億円に上る。交換物件の中身を見ると、異様さがさらに浮かび上がる。セイコーHDが差し出したのは「グッチ銀座ビル」など銀座界隈の商業ビルが中心。他方、三光起業から提供されたうち、価額でほとんどを占めるのは東京・白金に広がる1万6800平方メートルの宅地。そこに建つのは「服部ハウス」と呼ばれる創業者・服部金太郎翁の旧邸宅だ。セイコーHDは何らキャッシュフローを生んでいない不稼働資産をなぜ抱え込むのか。「どうしても銀座を手放したくなかったよう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。