中国市場へ打って出るヤフーの苦い過去

2010年5月号 連載 [IT万華鏡]

  • はてなブックマークに追加

ヤフーは4月1日、アリババグループが運営する中国最大手のEC(電子商取引)モール「タオバオ」と相互接続する交渉に入っていることを明らかにした。サービス開始は今夏を予定し、ヤフーは自社が運営するECモール「Yahoo!ショッピング」と「Yahoo!オークション」の接続を検討。双方のサイト上の商品を機械翻訳して表示する。タオバオは個人間売買を主とするオークションサイトとして創業。現在は個人事業主や企業がアカウントを取得し、ECのプラットフォームとして利用している。両社の接続が実現すれば日中双方の消費者が相手国のECモールに出品された商品を自由に購入できる仕組みが整うことになる。壮大な計画だが、ヤフーには触れられたくない苦い過去がある。07年12月、ヤフーは世界最大のECモール「eBay」を運営する米イーベイとの協業を発表。08年中に今回のタオバオと同様、日本、米国の消費者 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。