ライバル関係を乗り越え新聞業界に提携ラッシュ

2010年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

新聞業界でちょっとした提携ラッシュが起きている。全国紙の朝日と読売が4月から記事と写真の相互配信を始めた。自社の取材網ではカバーしにくい地域のニュースを補完することが目的だ。今のところ対象は鹿児島県だけで、県の北東部に位置する霧島市など3市1町は朝日の霧島支局が、薩摩半島の南九州市など4市は読売の指宿通信部がカバーする。紙面に掲載する場合は朝日・読売の「地域取材特約」のクレジットを入れるという。07年10月1日に朝日、読売、日経3社の社長がそろって記者会見した「ANY」提携の中身は、インターネットと販売、災害時の新聞発行の3事業分野だったが、今回は、朝日・読売の2社とはいえ、記事と写真の相互提供という新たな段階に入ったことになる。ただ、この提携では各1人の人員削減効果しかなく、これをどこまで広げられるかがカギだ。両社は基本的に競合関係にあり、そう簡単に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。