嘆かわしき皇太子夫妻

娘の不登校で世の中を騒がせて何とする。危機管理なき野村東宮大夫には資格なし。

2010年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

またもや騒ぎの発信源は、皇太子一家である。天皇家の家庭問題は、2004年の皇太子「人格否定発言」以来、絶えずマスコミの俎上に載せられ通しだ。そこへ今回の愛子さん不登校事件。こんな私的なことがなぜ表沙汰になるのか。「修身斉家(わが身を修め家庭を斉える)」あってこその「治国平天下」である。次代の象徴天皇には、この言葉の意味を十分理解してほしい。「学校生活にもすっかり慣れて、毎日楽しんで通学しています」。学習院初等科2年(当時)の愛子さんについて、皇太子は2月、満50歳の誕生日を前にこう述べた。前年秋には、運動会でリレー選手に選ばれ、彼女の力走もあって優勝。「やったあ」とガッツポーズをする映像が、テレビで流れた。「なかなかお元気で、明るそうなお嬢さん」。みた人の中には微笑んだ人も多かった。ところが会見直後の2月22日から、愛子さんは微熱を訴え授業を欠席 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。