「中央公論」が異色の池田大作特集でバカ売れ

2010年5月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

「雑誌不況」が喧伝されて久しい。なかでも苦境にあるのが月刊オピニオン誌だろう。日本の言論をリードし、知的階層に大きな影響を与えてきたが、老舗の「月刊現代」「諸君!」「論座」などが次々に休刊に追い込まれ、岩波書店の「世界」など、いくつか残った雑誌も販売部数、広告収入の減少で、どこも青息吐息だ。そんな最中、「文藝春秋」と並ぶ月刊誌の雄「中央公論」(中央公論新社)が、4月号で実にユニークな特集を掲載した。表紙の題字の下に赤文字でデカデカと刷り込まれた大見出しは「池田大作×茂木健一郎 科学と宗教の対話」。創価学会の名誉会長と、さまざまなメディアに登場する「売れっ子」脳科学者による異色の往復書簡である。これが凄まじい売れ行きを示したらしい。同誌によると、2人は対面したことはなく、08年から2年にわたって行われた各3通の書簡のやりとりをもとに特集は組まれ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。