「iPad」日本上陸の火種

グーグルもアドビも排除するジョブズの強欲。SIMロック解除にソフトバンクは戦々恐々か。

2010年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

4月3日、全米の家電量販店やアップルストアで、アップルのタブレット型情報端末「iPad」(アイパッド)が売り出された。07年から倍々ゲームでシェアを伸ばすスマートフォン「iPhone」の兄貴分だけに、恒例のお祭り騒ぎとともに狂喜乱舞する「アップル信者」の姿が各メディアで報じられた。発売前は「iPhoneを大きくしただけで新鮮味はない」とクールな意見もあったが、実機を手にとってみると、美しい筐体とマルチタッチ(複数の指を認識するアップルの特許)の滑らかで未体験の操作感に魅了されたユーザーは多いはず。まさに「スティーブ・ジョブズの魔法」である。発売から1週間で50万台を売る順調な滑り出しだった。その5日後にiPhone/iPad用の新OS(基本ソフト)や新サービスが発表される。今度は業界関係者が震撼させられた。モバイル・インターネットで世界の覇権を握ろうと、ジョブズのアップル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。