稲盛会長の虎の尾踏んだ日航プロパーの大失敗

2010年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

会社更生法の適用を申請した日本航空がリストラ策を見直す。当初、国内・国際線を3年間で合計31路線減らすとしていたが、廃止路線数を国内外で合計47路線に積み増す。早期退職者の募集規模も現在の約2700人から7500人に増やし、グループ全体で1万5千人としていた削減数を2万人に増やす。日航は1月の更生法申請後も「1日数億円規模」(日航関係者)の赤字を垂れ流している。これに業を煮やした3メガバンクが「当初計画のリストラ規模では金融支援の継続は困難」と、猛烈な圧力をかけていると言われるが、実態は異なるようだ。業界関係者は「稲盛(和夫会長)さんの虎の尾を踏んだ」と解説する。民主党が三顧の礼をもって送り込んだ稲盛氏だったが、就任直後から日航プロパーは稲盛氏を蚊帳の外に置いた。「85年に起きた御巣鷹山の墜落事故後、日航会長に就いた旧カネボウ会長の伊藤淳二氏の扱いと同じよ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。