「西本願寺」が尻すぼみ、参院選候補擁立を断念

2010年4月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

今夏の参院選をめぐり、浄土真宗本願寺派(西本願寺)が迷走している。本誌が昨年11月号で報じたとおり、同教団は昨秋、参院選候補者を「宗門特別推薦」と称して大々的に公募した。初めての試みであり、本願寺新報の10月1日号は「国政の場に僧侶を」の見出しを掲げ、意欲的な紙面展開をみせた。公募の趣旨は「宗門の意志を確実に国政の場に届け、具現化しようとする人を送り込むこと」。教団は、全国の各教区に対象者がいないか、調査の指示を出すほどの力の入れようだった。雲行きが怪しくなったのは、それから間もなくのことで、年末には推薦委員会で、候補者の擁立見送りが決まった。公募の際には大きく報じた本願寺新報は一転、1月20日号の1面最下段に「見送り」のベタ記事を掲載。それによると、宗門内から2人の応募があり、一人は民主党から出馬希望で、もう一人は自民党希望。執行部サイドは、委 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。