黒星続きの渡新日石会長統合後も「院政」を敷く?

2010年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

新日本石油が中核となり、国際石油開発帝石(INPEX)と日揮の3社連合で進めていたイラクのナシリア油田の権益獲得交渉が、事実上破談になった。このプロジェクトの仕切り役は石油業界のドン、新日石の渡文明会長が務めてきた。交渉開始から3年。不甲斐ない結末に経済産業省幹部は「渡さんは自らのプレゼンスを勘違いしていた」と突き放す。昨年来、イラクでは国会を中心に排外主義が高まり、マリキ首相などからも「外資排除」と受け取れる発言が続いていた。新日石は「連邦議会選挙を意識した国内向けの恣意的発言。交渉を打ち切れば、イラク側が国際的信用を失う」と強気だったが、さすがに企業連合の複数の幹部が「EPC交渉は時間切れになった」と認め出した。EPCとはプラントの設計から調達、建設までを一括して請け負う契約形態。つまりナシリア油田は振り出しに戻り、再び国際入札にかけられる可能 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。