日経「電子新聞」産みの苦しみ

「ネット上の情報はタダ」という常識を覆す電子版月4千円の価格戦略。新聞界の勢力図を塗り替えるか。

2010年4月号 BUSINESS [再販制度崩壊の引き金]

  • はてなブックマークに追加

新聞業界は日本経済新聞社が今月23日に創刊する「電子版」(Web版)の話題で持ちきりだ。「インターネット上の情報はタダ」という「常識」への挑戦だが、日経関係者の多くは「電子が紙を食うカニバリズム(共食い)が怖い」と不安を口にし、他紙の幹部は「日経の先手必勝」を警戒する。「紙から電子に流れ始めた」。日経幹部は憂鬱そうに呟いた。3月1日に電子版の購読受け付けを始めて1週間。電子版の申し込みが全体で早くも1万5600人を突破したものの、その中身は芳しくない。同社が目論む紙の新聞(宅配=朝夕刊セットで月4383円、全日版で同3568円)と、電子版との併読プラン(Wプラン、いわゆるバンドル=同プラス1千円)は約1万1千人と出足が鈍いのだ。

早期に電子版30万が目標

一方、電子版単体(同4千円)の購読者は約4600人と、予想以上に多かった。同社は電子版創刊の記者会見で「電子版は紙と併読することで一段と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。