巨匠の風格備わる15歳のリスト

ピアニスト チョ・ソンジン

2010年4月号 連載 [MUSIC Review]

  • はてなブックマークに追加

昨年11月に開かれた第7回浜松国際ピアノコンクール。1991年に始まって以来初めてアジア人が優勝、しかも歴代最年少の15歳ということで話題を呼んだ。ソウル芸術高校に在学中のチョ・ソンジン。すでに2008年、モスクワの「青少年のためのショパン国際ピアノコンクール」で優勝。一部で注目の存在だったという。師で韓国を代表する女性ピアニスト、シン・スージュンが韓国へ視察に訪れた浜松国際ピアノコンクール審査委員長(当時)の中村紘子に紹介。チョの才能に眼を瞠(みは)った中村は音楽監督としてすぐさま、コンクールと一体運営してきた浜松国際ピアノアカデミーへ招いた。もちろん最優秀の成績。11月のコンクールでは17、18日に第3次予選が開かれ、12人の参加者がそれぞれ1時間のリサイタル形式で腕を競い、6人の本選枠に挑んだ。国籍別には韓国が5人、日本が3人、フランス、イタリア、オースト ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。