「エコの銭ゲバ」パチャウリ博士

世界の環境派が青ざめた「ノーベル平和賞」IPCC議長の仮面。暴いた英紙記者が本誌に特別寄稿した。

2010年4月号 DEEP [ノーベル平和賞の汚点]

  • はてなブックマークに追加

人はこう言うかもしれない。リコールの嵐に見舞われたトヨタさながら、世界の気候は「アクセルペダルが引っかかった状態」だと。過熱した地球は破滅へひた走っているからだ。でも、「世界をリードする気象学者」であるこの男は、そんな不穏な引き合いを口にするまい。なにしろ彼の事業には、太っ腹のトヨタ自動車がポンと数十万ドルを提供しているのだ。スポンサーのご機嫌を損ねるリスクを彼が冒すはずもない。誰あろう、ラジェンドラ・パチャウリ博士――過去20年間、世界に地球温暖化の警鐘を鳴らして、誰よりも影響力を及ぼしてきた国連IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の議長である。つい3年前までこのインド人博士の名(友人はパッチーと呼んでいる)など、世界の大半の人が知らなかった。それが一夜にして有名になったのは、2007年に米国の元副大統領アル・ゴアと並んで、IPCC代表としてノー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。