アステラスの敵対的買収に「強大なホワイトナイト」?

2010年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

アステラス製薬が、米国の医薬ベンチャー、OSIファーマシューティカルズをTOBにより総額35億ドルで買収すると発表した。OSIは一株52ドルの買収提案を拒否しており、買収価格が吊り上がる可能性もある。昨年、アステラスは米国のCVセラピューティクスに敵対的TOBを仕掛けたが、ギリアド・サイエンシズというホワイトナイトが現れ、頓挫した。武田薬品や第一三共などのライバルが、友好的に大型買収を実現しており、アステラスの焦りを指摘する向きもある。OSIの昨年の売上高は4億280
0万ドル、純利益は7600万ドル。主力商品は抗がん剤「タルセバ」で、米国では共同開発先のジェネンテック/ロシュと利益を折半し、米国外では40%の利益を得ている。また、OSIは、新規の糖尿病治療薬として急成長中のDPP─4阻害剤の特許料を米メルクなどから得ており、研究開発パイプラインには、IGF─1受容体拮抗剤など抗が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。