とんでもない「関空」の天下り会長

天下り規制を掻い潜った岩村元国交事務次官。関空会社を事業仕分けのまな板に載せよ!

2010年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

昨年は世界的な景気低迷や新型インフルエンザなどの影響で開港以来、年間利用者が1400万人を割り込み、過去最低となった関西国際空港。さらに各航空会社の経営悪化に伴う路線の廃止や減便で、発着回数も約11万1千回と、前年に比べ16%も減少、関西国際空港会社も瀬戸際に立たされている。関空の経営安定を図るため、2003年から政府補給金が毎年90億円支給されてきた。国土交通省の概算要求では来年度から160億円に増額される見込みだったが、政権交代によって75億円に減額されることになった。09年度決算は赤字に転落するため、関空会社は不採算事業の廃止、人員・経費の削減から、残業代のカットまで、全社を挙げてリストラに取り組んでいる。

「代表権なき会長」の抜け穴

「税金の塊」と揶揄される関空会社を見る目は厳しい。昨年、橋下徹大阪府知事に「個別の役員報酬額を公表しなければ府の関西空港関連予算の執行を止める」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。