紀伊國屋が「バーゲン店舗」で反転攻勢

2010年4月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

新刊書店大手の紀伊國屋書店が昨年11月、大阪・梅田の古書店街「阪急かっぱ横丁」に開設したバーゲンブック専門店「紀伊國屋書店 アウトレットブック」が賑わっている。「バーゲンブック」とは、刊行後6カ月以上経過したなどの理由から、再販売価格維持契約の拘束を解かれた書籍。「自由価格本」と呼ばれ、小売店が自由に売価を設定できるのが特徴だ。活字離れやブックオフなど大手古書店チェーンやアマゾンなどインターネット書店の台頭で簡単には本が売れなくなるなか、これまで紀伊國屋は新刊書店内で「バーゲンブックフェア」を開き、安価本を売ってきたが、顧客の反応がいいことから専門店を出すことにしたという。取り扱う書籍は趣味・実用書、児童書、美術書、文芸書、輸入絵本、低価格DVDなど約1万点。発行時の定価の7~3割引で販売している。当初は料理本が多かったため、顧客は女性が中心だ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。