木村 皓一氏(ミキハウス社長)

子ども手当は恵みの雨 「百貨店不況」も底を打つ

2010年4月号 LIFE [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――2009年の百貨店売上高が24年ぶりに7兆円を割り込み、閉店が続いています。木村 うちの売り上げの約7割は百貨店内のお店。慣れ親しんだデパートが姿を消すのは寂しいねぇ。08年秋のリーマン・ショックは非常にきつかった。うち全体の売上高は約5%減でしたが、外国人観光客が集まる銀座や新宿の百貨店内の売り上げは4割近く落ち込み、どうなることかと心配した。あれから売上高は前年に比べてずっとマイナス。昨年末にやっとプラスに転じました。

「子育て支援」はもっと手厚くてよい

――百貨店販売が持ち直した?木村 ミキハウスの百貨店売りはギフトが多い。孫のためなら、じいちゃん、ばあちゃんも財布の紐をゆるめる。多少値が張っても、子ども服ブランドは安定しているんです。今年1月の全国の百貨店売上高は対前年比約6%の減で、23カ月連続のマイナスでしたが、復調傾向がはっきりしてきた。リーマン・ショック後、激減していた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。