携帯を駆使し生きぬくエネルギー

『現代中国女工哀史』

2010年4月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

「女工哀史」と聞けば、日本人の多くは『あゝ野麦峠』に代表される紡績女工の悲惨なストーリーを連想する。間もなくGDP(国内総生産)で日本を抜き世界第2位の経済大国になるという「現代中国」の「女工哀史」。中国の暗部に光を当て、女性労働者の虐げられた実態を暴いたルポと思われそうだが、内容はまるで違ったトーンで描かれている。10代で農村から出稼ぎにきた民工と呼ばれる女性労働者たち。その生活が厳しいことは言うまでもない。だが、彼女らは自らの環境を嘆いたり恨んだりする暇に、少しでも条件のいい仕事を探し、技術を身につけ、キャリアアップを図っていく。「女工哀史」の感傷などなく、からっとした明るさすら感じる。原題は感情を排した『ファクトリー・ガールズ』である。舞台は3~6年前の珠江デルタ地区の工業都市・東莞(ドングアン)。広州、深圳に近く、外国企業が進出し、パソ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。