お先真っ暗「家主没落」時代

供給過剰や不況で家主は未曾有の危機。地方では空室率が体感で3割、破綻するケースも。

2010年4月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

不動産収入で左ウチワ――家主といえばそんなイメージだが、とんでもない。不況で法人需要はさっぱり、一般の住み替えニーズも減った。新年度目前の今、賃貸住宅の契約は繁忙シーズンの最中というのに、空室増、賃料安、滞納増と三重苦に喘いでいる。崖っぷちに立たされた家主の中には「もうやってられない」と廃業を口にする人も出てきた。総務省の「平成20年住宅・土地統計調査」によると、賃貸用住宅の空き家総数は409万3700戸で、空室率は18.7%に達する。敷金や礼金などの初期費用や家賃の下落も顕著で、賃貸市場の借り手優位が加速している。特に地方は深刻だ。空室を埋めたいがために、初期費用の値引きに加えて、数カ月のフリーレントサービスを行う事業者もおり、「体感空室率は3割に達する」といった関係者の声も聞こえてくる。不況により、大きく経営が傾く例も出ている。製造業の工場が集積す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。