一票の格差は「違憲」、問われる司法の独立

2010年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

政権交代が実現した昨年8月の衆院選は「憲法違反」とする高裁判決が相次いでいる。有権者の多い都市部と少ない地方の選挙区間に生じる最大2.30倍の「一票の格差」が理由だ。しかし、小選挙区比例代表並立制による衆院選はすでに5回目。最高裁などで合憲とされてきた過去4回の衆院選でも最大2倍を超える格差があったのに、最近になって違憲判決が続くのは、なぜか。選挙の効力に関する訴訟の一審は高裁で、違憲判決は昨年12月28日の大阪高裁と今年1月25日の広島高裁、3月12日の福岡高裁で言い渡された。三つの高裁判決は、一票の格差に加え、昨年の衆院選までに格差を是正しなかった国会の対応も違憲と認めた。2月24日の東京高裁判決は、最高裁が前回の2005年衆院選の最大2.17倍の格差を合憲と判断していたことなどから、国会の対応の違憲性は否定したものの、格差自体は「違憲状態」と認定した。各高裁 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。