競馬ミステリー長編を42作 ディック・フランシス氏

一に騎手、二に作家

2010年4月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

人生を変える瞬間というものがある。ディック・フランシスにとってそれは、1956年の春に訪れた。場所はリヴァプール郊外のエイントリー競馬場。舞台は世界最高の障害レース、伝説と逸話に彩られた伝統のグランドナショナル。フランシスの騎乗するデヴンロックは、7千メートルを走り、30の障害を跳び終えたとき、後続には大差をつけ先頭に立っていた。ゴールまでは50メートル。世界中の障害騎手の夢がもうすぐ現実のものとなるはずだった。そのときである、馬が虚空に向かって跳んだのは。しかし、跳んだのは前肢だけで、次の瞬間、後肢を引きずるように腹部から着地する。映像を見ると、まるで腹ばいになるような着地だった。馬はすぐに立ち上がるが走ろうとはせず、夢ははかなくも消えてしまう。オーナーであったクイーンマザーは、騎手のお詫びに対し「これが競馬というものでしょうね」と答える。原 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。