輿石参院議員会長に自民党が「女性刺客」を擁立

2010年4月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「オレはなんと言われようと小沢(一郎幹事長)を支えるぞ」。民主党の輿石東参院議員会長(73)の顔色が冴えない。小沢氏を庇い続けた挙げ句、自らも批判の矢面に立たされているためだ。しかも、北海道教職員組合(北教組)による違法献金事件は、日本教職員組合(日教組)を出身母体とし、今夏の参院山梨県選挙区で3選をめざす輿石氏の陣営にも影を落としている。2月20日。地元甲府市で開かれた支持者との対話集会では、不起訴となった小沢氏を「私は信頼している」と擁護したため、支持者から「これでは(参院選を戦うのは)無理だと思う」との声が上がった。にもかかわらず輿石氏は「私は姿勢を変えない」と言い切った。それどころか、自ら小沢氏に「辞任の必要はない」と進言しているという。そんな輿石氏に参院民主党内では「なぜ、あそこまで擁護するのか」と訝る声がしきりだ。輿石氏は北教組事 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。