鈴木 茂晴氏(大和証券グループ本社社長)

ボルカー・ルールで証券は原点に返る

2010年4月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――東京株式市場の地盤沈下が著しい。昨年6月に鳴り物入りで始まった東京証券取引所のプロ向け市場「AIM」は、まだ1社も上場がない。上海、香港の後塵を拝すローカル市場に転落していくかに見えます。鈴木 東証1部の一日の売買代金が今は1 兆円そこそこ、2年前と比べて3分の1程度に落ち込んでいますからね。IPO(新規上場)にしても動きは鈍いですから、AIM創設はタイミングが悪かった面もある。証券会社サイドから言えば、(合弁先の)ロンドン証取と同様に証券会社の責任が重いので、銘柄の選定が厳しくなった。日本にはリスクを大きくとるファンドが少なく、ヘッジファンドも慎重なことが明らかになりました。――海外の投資家も東京を見放した?鈴木 3、4年前に米国の大手機関投資家には、必ず日本株専門のファンドマネージャーがいたんですが、今はそういう人を抱えるファンドは少ないですね。アジ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。