プジョーが見捨てた三菱自動車

誰が三菱グループの「お荷物」を救うのか。「丸抱えせず、さっさと破綻処理すべきだった」との声も。

2010年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3月3日、スイスのジュネーブモーターショー会場から、三菱自動車工業と仏PSAプジョー・シトロエン・グループの資本提携交渉が決裂したとの一報が届いた。翌日の三菱自工の株価は前日より14円安の118円と大きく売り込まれた。提携話が流れる直前の12月2日につけた119円に戻ったという見方もできるが、状況は予断を許さない。2000年に発覚したリコール隠し事件で窮地に陥った三菱自工は、三菱重工や三菱商事、東京三菱(現三菱東京UFJ)銀行などグループ企業が約4400億円の優先株を引き受ける形で経営再建を図ることになった。プジョーとの資本提携は、この優先株の処分を迫られたからでもあった。優先株は議決権がない代わりに、配当金を優先的に受け取れる。三菱自工には今年3月期末以降、年間約200億円の配当義務が生じる。ところが商法の規定で、多額の損失を抱える企業は配当金を支払えない。それゆ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。