「ボルカーの鉄槌」に市場戦慄

過剰流動性相場の潮目が変わった。納税者の怒りを背に、懲りないウォール街に宣戦布告する82歳の巨漢。

2010年3月号 COVER STORY [金融自由放任の終焉]

  • はてなブックマークに追加

身の丈2メートルの巨漢ボルカーが帰ってきた。1月21日、オバマ米大統領が発表した新たな金融規制。大統領自身、その名を冠して「ボルカー・ルール」という。その発案者こそ、ポール・ボルカー元連邦準備理事会(FRB)議長である。この新ルールは、1980年代以降の金融自由化の流れを反転させる起爆力を持ち、経済学者ジョン・M・ケインズの言葉を借りれば、金融の「自由放任の終焉」を告げている。2月2日、ボルカーを迎えた米上院銀行委員会。クリストファー・ドッド委員長ら金融族は発案者のボルカーに、やんわりと「やり過ぎではないか」と問いかける。「銀行には投機目的の取引もあれば、ヘッジ(損失回避)目的の取引もある。どうやって線引きするのか」と。そう言われても、元セントラルバンカーが自説を曲げる様子はない。「確かに規制当局には難題を課することになろうが、銀行を投機のリスクにさ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。