創価学会を支える「豊かな財務」に異変?

2010年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

巨大宗教団体「創価学会」の財務に異変が起きている――。そんな情報が金融関係者の間に流れている。語るのは、さるメガバンクの行員だ。「毎年、創価学会は会員から財務と称して寄付を集めています。1口1万円以上で上限はなし。学会員は最寄りの銀行から創価学会の口座に振り込みます。寄付をする会員は広布部員と呼ばれます。寄付は非収益事業として非課税扱い。年間3千億円以上ともいわれる浄財が集まります」毎年恒例の寄付集めにどんな異変が起こっているのか。この行員は続ける。「寄付の最低振込額は1口1万円ですが、昨年暮れの財務では1口5千円の寄付がかなりあったらしいのです。出口の見えない不況が会員の懐を直撃しているようです」かつて「創価学会としては永久に皆さん方から、ただの一銭も寄付を願ったり、供養を願うようなことはいたしません」(池田大作会長=当時。現名誉会長)と宣言 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。