中田・前横浜市長らの新党結成運動が再燃

2010年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

昨年10月、総務省の顧問を引き受けた中田宏・前横浜市長らの新党結成の動きは立ち消えになったかに見えたが、民主党の支持率が急落するや、俄然、騒がしくなってきた。関係者によれば「昨年末、東京で開催した『日本志民会議』を今年2月から全国各地で開き、新党結成の賛同者を集める。そのうえで参院選比例区に中田氏、東京・杉並区長の山田宏氏のほか、著名人を擁立する」という。新党立ち上げには、参院選候補者の運動資金に莫大な資金が必要だが、中田氏らを支援する財界人らが応援するとみられる。しかし、「首長連合」で連携を深めた、人気者の橋下徹大阪府知事は気脈を通じつつも、目下のところ新党への参加は否定している。中田氏らがめざすのは「反民主・反自民」の受け皿づくりだ。民主党の度重なる失点にもかかわらず、自民党の支持率は回復しない。このため、党内には「自民党の看板では参 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。