「公開会社法」は日本病に効く

「資本主義」否定の国から外資が続々逃げだす。千葉法相を焚きつけた法案で救えるか。

2010年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

千葉景子法相(上)と民主党の大久保勉参院議員Jiji Press今春、名だたる外資系金融マンが続々日本を去る。シティグループのダグラス・ピーターソン、サーベラス・キャピタル・マネジメントのルイス・フォースター、JPモルガン・チェースのグレッグ・ガイヤット。世界的に評価の高いバンカーだ。3人とも在日代表を務め、ピーターソンは本社シティバンクの最高執行責任者(COO)、フォースターは国際・アジア統括、ガイヤットはロンドンでコマーシャルバンク部門のトップに栄転する。が、異動を決めた本社の本音は違う。東京からトップ・バンカーを撤収させ、日本事業の比重を下げるとの意味合いだ。今や東アジア市場の中心は上海、香港、シンガポール。日本事業を重視していたゴールドマン・サックスですら、東京支店はアジア部門の傘下になり、世界最大の資産運用グループ、フィデリティも東京の株式ト ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。